慶應義塾大学 医学部

慶応義塾大学の医学部の偏差値は高く、日本の最難関校の1校です。医科大学の碁三家の中にも含まれます。慶応義塾大学医学部の学納金は2012年の時点で6年間の総額が21,560,000円となっています。慶応義塾大学医学部の男女比ですが、男子75.3%、女子24.7%で、男子のほうが多いです。浪人比では、現役57.6%、1浪35.4%、2浪10.2%、2浪以上7.0%と現役が半数を超えており、かなり優秀な学生が多いです。慶応義塾大学医学部の入試ですが、数学に関しては、確率の問題を過去問で練習しておく必要があります。少なくとも確率漸化式の問題だけでも過去問を通して慣れておくべきです。数学ⅢCについては最難関国公立レベルの総合的な問題で実力をつけておくことをおすすめします。英語では、和訳力、記述力が試されます。和文英訳、自由英作文は2009年から2011年の間で毎年出題されているので、過去問で慣れておく必要があります。理科は、化学、生物、物理は難易度が高いです。化学においては、対策としては難関の国公立大学の問題なども含め、難易度がやや高い過去の問題も十分に検証しておく必要があります。生物は、実験問題が多く文章量も多いので、時間配分に注意が必要です。物理においては、2011年に原子が2題出題されているので、しっかり準備することが必要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>