関東の私立大学医学部

関東には、「御三家」といわれる医療に伝統のある慶應義塾大学、東京慈恵会医科大学、日本医科大学の医学部があります。慶応義塾大学は偏差値70、東京慈恵会医科大学と日本医科大学は偏差値68、東京医科大学は偏差値65となっています。関東の私立医学部正規合格者の人数の入学率はだいたい40%以下といわれています。結局、正規合格者のほとんどは、東大や国立医学部受験者の中の滑り止めに私立を選べる経済的に豊かな家庭の受験生であるのが現状で、ほとんど入学しません。私立医学部の場合、作成者が少ないので、滅多なことでは傾向は変化しません。このため、赤本に収録されている6~10年分の過去問や、それ以前の問題(特に数学・理科)を覚えることは、かなりコストパフォーマンスが高いのです。全国の私立医学部の多くは、知識中心の出題で「処理スピードとの戦い」になります。数学で言えば、初級完成後に過去問の記憶と「チェック&リピート」を完璧にこなすことで、多くの大学で合格点が取れます。化学で言えば、初級完成後「 解説が詳しい化学1・2頻出重要問題集」の演習で定着率の確認と、過去問の記憶で合格点を上回るでしょう。ここでは、慶応義塾大学医学部、東京慈恵会医科大学、日本医科大学、東京医科大学の学費や男女比、入試傾向について書いていきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>