東京医科大学 

東京医科大学は、研究設備が整っており透過型電子顕微鏡、走査型電子顕微鏡などを備えた電子顕微鏡室、最新のRI分析測定機器を備えたRI研究室などがあります。東京医科大学の学納金は2012年の時点で6年間の総額が29,605,000円となっています。東京医科大学の男女比ですが、男子69.2%、女子30.8%で、男子のほうが多いですが、女子もいます。浪人比では、現役28.6%、1浪52.0%、2浪10.2%、3浪5.1%と1浪の学生が多いんです。東京医科大学の入試では、どの教科も基本的な問題が多いですが、かなりの実力が必要です。マーク問題を手早く解く練習する必要があります。数学に関しては、頻出単元である数学Ⅱ・Ⅲの微分・積分、数列、数列の極限、ベクトル、図形と方程式については、典型的な問題であれば迷わず速く正確に解く練習をしておくことが必要です。英語では、慣用表現やイディオム、動詞の語法などにも十分精通しておきたい。長文対策は、標準レベルのやや長いもので内容把握の練習をしよう。長さに免疫をつけておくことは落ち着いて進めるためにも重要です。理科は、化学、生物、物理はかなり難易度が高いです。化学では、誤文選択問題に注意です。各設問に必ず誤文があるわけではなく誤文がない設問も含まれている。生物は、遺伝の問題は例年難しく、かつ量も多です。いかに短時間で解くかが勝負となる。遺伝を短時間で解くには、十分に練習することです。いろいろなパターンの遺伝の問題を、しっかり理解しながら解く練習が必要となります。物理は、基本問題~標準問題を幅広く解いておくこと。原子を含む全分野からの出題です。問題の最後にある定数一覧と三角関数表の数値を用いて計算をして、その答えだけをマークするので、計算ミスをしても気がつきにくいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>