東京慈恵会医科大学

東京慈恵会医科大学は、臨床教育に重点が置かれ、西新橋キャンパスに隣接する附属病院は平成12年に新病棟を開設。大学病院としてトップクラスを誇ります。東京慈恵会医科大学の学納金は2012年の時点で6年間の総額が22,500,000円となっています。東京慈恵会医科大学の男女比ですが、男子64.9%、女子35.1%で、男子のほうが多いですが、女子もいます。浪人比では、現役40.6%、1浪37.8%、2浪12.6%、3浪7.2%と現役、1浪が同じぐらいの割合です。東京慈恵会医科大学の入試ですが、数学の難易度は高いです。出題範囲は全て網羅し、上級向けの典型問題をやりこんでおく必要があります。「曲線の長さ」など現課程では指導要領の範囲外となっている内容が出されることもあるので、問題集の「発展」や「補充」によくある指導要領範囲外の内容も目を通しておいた方がいいです。英語は文法中心ですが、いわゆる普通の演習だけでは十分ではありません。もうひとつ上乗せが必要で名詞、動詞を中心にやや難レベルの単語まで網羅しておけば安心できます。理科は、化学、生物は難易度が高いようです。化学は、質・量ともにかなりハイレベルの問題の演習量が必要です。計算量がかなり多く複雑になることも多いため、代表的な問題については問題の解法をしっかり記憶しておくことが必要です。生物は、物理に関しては標準レベルです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>